フォントサイズ:

福島第一の汚染水問題 国が前面に出て対応へ 高度な技術対策に財政的措置も

2013年8月29日

26日に東京電力の福島第一原子力発電所を視察した茂木敏充・経産相は免震重要棟で作業員を激励し、H4エリアタンク(=写真)、護岸周辺などで状況の説明を受けた。その後会見で、海洋への流出拡大を抑制するなどの汚染水対策の緊急性が高いことから、高い技術が求められる対策には「予備費の活用も含め、財政的措置について国としてしっかり進めていく」との見解を述べ、国が前面に立って対応をしていく姿勢を示した。

福島第一の汚染水問題 国が前面に出て対応へ 高度な技術対策に財政的措置も