フォントサイズ:

JNES 安全研究の成果を紹介 新規制でシンポジウム

2013年10月23日

原子力安全基盤機構(中込良廣理事長、=写真)は17日、有楽町朝日ホール(東京・千代田区)でシンポジウムを開催し、新たな規制基準の適用、防災対策に関連し、機構が中心となって実施している安全研究の成果や展望について説明し、参加者との質疑応答を行った。

原子力発電関連では、火災防護に関連して行われたケーブル燃焼試験の他、東日本大震災のときに女川1号機で発生した高電圧アークに起因する電気盤火災の解析シミュレーション結果などが紹介された。

<後略>

JNES 安全研究の成果を紹介 新規制でシンポジウム