フォントサイズ:

進む燃料デブリ対策 廃止措置進捗状況 水上ボートで実証も

2013年11月6日

資源エネルギー庁は10月30日、福島第一原子力発電所事故炉廃止措置の進捗状況を発表した。

滞留水処理で、放射性物質濃度を低減する多核種除去設備のホット試験は、A系が10月に再開、C系も9月に開始された。B系も11月中旬より再開予定となっており、これらの運転に伴い発生する廃棄物を移送・貯蔵する高性能容器(HIC)についても、12月より改良型を導入する予定だ。

タンク増設は、月15基・1万5000立方メートル程度で進め、年度内に貯蔵容量を約50万立方メートルに、14年度以降、さらにペースを上げ、15年度末を目途に80万立方メートルにまで増強するほか、H4エリアタンクの水漏れを踏まえ、ボルト締め型をリプレースしていく。

<後略>

水没部の漏えい箇所調査に向けた水上ボート

進む燃料デブリ対策 廃止措置進捗状況 水上ボートで実証も