フォントサイズ:

自民、政府に復興対策で提言 帰還住民の新生活にむけて 帰還見通し明確化など

2013年11月13日

自由民主党の東日本大震災復興加速化本部(大島理森本部長)は、公明党とともに、原子力災害からの復興に関する提言を取りまとめ、11日、政府に申し入れた。被災者の帰還促進・ふるさと再興、損害賠償、除染・中間貯蔵施設、廃炉・汚染水対策について、国と東京電力がすべきこと、自治体の役割を整理し、政府・与党が一体で取り組むべき施策を掲げた。

避難住民の生活支援については、早期帰還の実現に向け障害となる課題の解決を急ぐ考えから、除染とインフラの復旧、支援策の検討、各種サービスの再開支援に取り組むほか、双葉郡全体の将来像を示すことが必要だとしている。また、帰還困難区域については、除染による線量低減効果も踏まえた帰還の見通しを明確に示すなど、避難住民が新しい生活を選択する判断材料を国と自治体とが共働で提示していくことを求めている。

<後略>