フォントサイズ:

3月のハーグ・サミット見据え 外務省 核セキュリティ机上演習

2013年11月21日

核物質及びその他の放射性物質の輸送セキュリティに関する机上演習が12日から14日まで、外務省で実施された。

昨年3月のソウル核セキュリティ・サミットで、フランス、韓国、イギリス、アメリカ、日本が発出した「核物質及び放射性物質の輸送セキュリティに関する共同声明」を踏まえて開催したもの。5か国のほか、IAEA、世界核セキュリティ協会(WINS)、世界原子力輸送協会(WNTI)等から70名以上が参加した。

この結果を受けて五か国は、2014年3月のハーグ核セキュリティ・サミットで、輸送セキュリティ強化に向けた提言を提出する予定。