フォントサイズ:

燃料サイクル巡り議論 原子力機構 国際フォーラム開催

2013年12月11日

日本原子力研究開発機構は3、4日、時事通信ホール(東京・中央区)で、核燃料サイクルに係る核不拡散・核セキュリティの確保について議論する国際フォーラムを開催した(=写真)。

日本国際問題研究所特別研究員の遠藤哲也氏を座長とする初日のパネル討論で、IAEA東京事務所長のディヴィス・ハート氏は、福島第一原子力発電所事故後の日本の保障措置活動に対する協力姿勢を評価した。また、ブルッキングス研究所上席研究員のロバート・アインホーン氏は、イランや北朝鮮の核開発を巡る脅威に触れた上で、厳格な輸出管理の確保で、在日フランス大使館原子力参事官のクリストフ・グゼリ氏は、最近のトルコによる原子力開発の躍進ぶりに言及しながら、新興国に対する核セキュリティ分野でのサポートで、それぞれ技術先進国として日本の貢献に期待するなどした。

<後略>

燃料サイクル巡り議論 原子力機構 国際フォーラム開催