フォントサイズ:

東電 廃炉推進カンパニー始動 責任体制を明確化 集中して対応加速へ

2014年4月8日

東京電力が福島第一原子力発電所の廃炉・汚染水対策に関し、責任体制を明確化し集中して取り組むことを目的に、1日発足させた「福島第一廃炉推進カンパニー」のプレジデントで「廃炉・汚染水対策最高責任者」(CDO)として就任した増田尚宏氏が4日、記者会見を行った。同氏はまず、最近の現場での作業員死亡事故について陳謝した上で、震災時に福島第二発電所の現場対応で指揮を執った経験も踏まえ、「福島の地を元に戻すのは『自身の責任』」とする一方、「後始末の場ではなく、世界が注目する技術の集まる場」とも述べ、魅力的な職場作りを目指す考えを示した。

<後略>