フォントサイズ:

「活断層ではない」との結果まとめ 東北電力 東通発電所敷地内で追加調査

2014年1月22日

東北電力は17日、東通原子力発電所(=写真)の敷地内断層について、活断層ではないとする追加地質調査結果を発表した。

原子力規制委員会の有識者会合による東通発電所敷地内断層は「耐震設計上考慮すべき活断層」とする評価案を踏まえ、同社では、断層の横ずれの有無を確認するための水平掘削面調査や、変動地形と断層との関連性を確認するためのトレンチ調査、岩石試料の観察など、様々な方法を用いて、敷地全体にわたる詳細な調査を実施してきた。調査を受け、少なくとも第四紀後期更新世以降(約12〜13万年前以降)の敷地内断層の活動性を示す結果は得られなかったとしている。

「活断層ではない」との結果まとめ 東北電力 東通発電所敷地内で追加調査