フォントサイズ:

原災復興で関係機関の連携求め 原子力委

2014年1月22日

原子力委員会は17日、12月20日に閣議決定された「原子力災害からの福島復興の加速に向けて」について、内閣府の原子力被災者生活支援チームより説明を受けた。

今後の福島再生に向けた全体像を示すもので、基本方針として、(1)早期帰還支援と新生活支援の両面で福島を支える(2)福島第一原子力発電所の事故収束に向けた取組を強化する(3)国が前面に立って原子力災害からの福島の再生を加速する――ことを挙げ、地元と十分に協議した上で、避難指示解除などを実現し、中長期・広域の地域の将来像を示し、福島再生の道筋を順次具体化していくこととしている。

<後略>