フォントサイズ:

「JT―60SAに世界最大級の超伝導コイル搬入」

2014年1月27日

日本原子力研究開発機構那珂核融合研究所(茨城県・那珂市)の「JT―60SA」に用いる世界最大級超伝導コイルがこのほど、建設を行う本体室に搬入された。

「JT―60SA」計画では、ITER計画から原型炉開発に向けて必要となる高圧力プラズマの長時間(100秒程度)維持を実現し、運転手法を確立することを目指して、従前の大型核融合装置JT―60を解体し、新たに機器製作・組立が進められている。建設に際しては、本計画が、国内の「トカマク重点化計画」とともに、国際プロジェクトとなるITER計画の補完のため、日欧共同で実施している「幅広いアプローチ活動」の「サテライト・トカマク計画」にも資することから、欧州と共同で機器の調達を行っている。

今回の搬入は、プラズマの位置や形状を制御する大型超伝導コイル「EF(平衡制御)コイル」のうちのEF4〜6で、22日には直径10.5mの世界最大級のEF6の搬入が報道陣に公開された。那珂研究所で製作された大型コイルEF6は、専用に開設した搬入口より、縦置きで搬入された。

「JT―60SA」では、18年度末に初プラズマを得て実験運転を開始する予定となっている。

JT−60SA・EFコイル1(写真=日本原子力研究開発機構提供)

「JT―60SAに世界最大級の超伝導コイル搬入」