フォントサイズ:

「早期にベストミックス目標」 衆院予算委で安倍首相 現実見据え、原子力位置づけ

2014年2月13日

10日の衆議院予算委員会で、安倍首相は、エネルギー基本計画の策定に関し、「現実を見据え責任を持って実現可能かつバランスの取れたものを取りまとめていく。将来の電源構成は新たなエネルギー基本計画を踏まえ、再生可能エネルギーの導入状況や原発再稼働の状況を見極め、できるだけ早くベストミックスの目標を設定する」と述べ、現実的妥当なエネルギーの基本戦略を打ち出す方針を示した。自民党の高市政務調査会長の質問に答えた。依存度を低減する方向性としながらも、当面の現実的なエネルギーバランスのなかにベース電源としての原子力の位置づけを含めて、早期にエネルギー構成の明確化をはかる方針を示したもの。

<後略>