フォントサイズ:

ヒロシマ 「原爆ドーム」補強工事へ 垂直方向の耐震強化図る

2014年2月13日

広島市は1月28日、原爆ドーム(=写真)の耐震調査結果を発表し、被爆70周年を前に、補強工事に向けた設計を14年度中に行う方針を示すなどした。

原爆ドームは、原子爆弾投下の惨禍を後世に伝える「史跡」に指定されているほか、核兵器の究極的廃絶と世界の恒久平和希求のシンボルとして「世界遺産」にも登録されている。被爆で全壊は免れたものの、建物の風化は昭和30年代後半から激しくなり、募金などにより保存工事が行われてきた。

<後略>

ヒロシマ 「原爆ドーム」補強工事へ 垂直方向の耐震強化図る