フォントサイズ:

リチウム資源 海水から 日本原子力研究開発機構 元素分離技術で回収、発電も

2014年2月13日

日本原子力研究開発機構は7日、イオン伝導体を用いた元素分離技術で、海水中のリチウムを回収し、かつ電気を発生させる革新的技術を発表した。核融合炉燃料製造やリチウムイオン電池などの原料となるリチウム資源を海水から回収するほか、使用済みリチウムイオン電池のリサイクルにも適用可能で、資源循環型社会実現に向けた画期的な成果といえる。海水の他、「にがり」も可能。

<後略>

海水中のリチウム資源を回収する元素分離技術

リチウム資源 海水から 日本原子力研究開発機構 元素分離技術で回収、発電も