フォントサイズ:

放射線リスコミで基礎情報 原災対策 施策パッケージまとめ

2014年2月19日

政府は18日、原子力災害避難住民の帰還に向けた放射線リスクコミュニケーションに関して、各省庁が取り組む施策を、現場の良好事例にも触れながら取りまとめるとともに、合わせて、正確でわかりやすい情報発信のベースとなる資料「放射線リスクに関する基礎情報」を公表した(=写真)。

この施策パッケージによると、住民への放射線による健康影響に関する情報提供はこれまで、専門家を招いた講演会・セミナーの開催や、広報誌の配布などが行われているが、今後は、個々人によって考え方が異なるという前提に立ち、「本当に聞きたい話を気兼ねなく聞ける双方向のコミュニケーションをきめ細かく実施する必要がある」としている。

<後略>

放射線リスコミで基礎情報 原災対策 施策パッケージまとめ