フォントサイズ:

原子力 「重要なベース電源」に エネ基本計画の政府案が明記

2014年2月26日

第2回原子力関係閣僚会議が25日開催され、「エネルギー基本計画案」の原子力部分について関係閣僚で了承した。今後与党との調整を進めた後、閣議決定を行う。

同案において、原子力発電の位置付けは、準国産エネルギー源として優れた安定供給性と効率性を有し、運転コストが低廉で変動も少なく運転時には温室効果ガスの排出もないことから、安全性の確保を大前提に、エネルギー需給構造の安定性に寄与する重要なベースロード電源であると明記。原子力発電所の安全性については、規制委員会の専門的な判断を尊重し再稼働を進めるとした。原発依存度については可能な限り低減させるとの方針の下、日本の今後のエネルギー制約を踏まえて安定供給、コスト低減、温暖化対策、安全確保のために必要な技術・人材の維持の観点から、確保していく規模を見極めるとしている。

<後略>