フォントサイズ:

原賠支援機構法改正案を閣議決定 廃炉支援など追加へ 技術委員会の設置も

2014年3月5日

政府は2月28日、原子力損害賠償支援機構法の改正案を閣議決定した。福島第一原子力発電所事故炉の廃止措置について、溶融燃料の取り出しや汚染水処理など、完了までの取組が、困難かつ長期にわたることから、原賠支援機構の業務に、廃炉関係を追加、拡充し、技術支援を総合的に行わせるのが趣旨。名称は、「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」と改称。今通常国会での成立を目指す。

原賠支援機構は、福島原子力災害を受けて、11年9月、同法に基づき、被災者に対する損害賠償の迅速かつ適切な実施を目的として設立された。

<後略>