フォントサイズ:

線量評価など継続支援を 放医研 IAEA協働センター認定でシンポ

2014年3月5日

放射線医学総合研究所は2月20日、都内のホールで、IAEAの協働センターとして、3期目の認定を受けたことを記念するシンポジウムを開催した(=写真)。

IAEAは、実践的研究や人材育成の特定プログラムを支援するため、現在、世界20か国の研究機関を、協働センターとして認定しており、放医研は、06年、これに認定された日本で唯一の機関となっている。

<後略>

線量評価など継続支援を 放医研 IAEA協働センター認定でシンポ