フォントサイズ:

処分概念の合理化に期待 日本原子力研究開発機構 加速器利用、核変換技術の取組

2014年3月27日

高レベル放射性廃棄物の処分地選定が進まぬところ、処分場面積を100分の1にまでコンパクト化できる技術の開発に日本原子力研究開発機構が取り組んでいる。放射性核種を、その半減期や利用目的に応じて分離するとともに、半減期の長い長寿命核種を、短寿命核種や非放射性核種に変換する分離変換技術だ。

<後略>

階層型核変換システムのイメージ

処分概念の合理化に期待 日本原子力研究開発機構 加速器利用、核変換技術の取組