フォントサイズ:

「責任」と「競争」掲げ 東京電力がアクション・プラン 安全確保・安定供給に総力

2014年4月3日

東京電力は3月31日、14〜16年度の3か年で、同社グループが重点的に取り組むべき事項を取りまとめた「アクション・プラン」を発表した。「福島原子力事故の責任を全うし、世界最高水準の安全確保と競争の下での安定供給をやり抜く」ことを使命とし、グループの総力を挙げて、実現に取り組むほか、福島への「責任」を長期にわたって果たし、国民負担を最小化していくため、「競争」の下で、財務や人材、技術などの経営基盤の強化を図り、安定・低廉・便利な電力供給に万全を尽くすとしている。

<後略>