フォントサイズ:

汎用機による新工法 ベントナイト混合土層 安藤ハザマ 中間貯蔵施設に適用も

2014年4月14日

安藤ハザマは3月27日、建設工事に係る新工法開発を専門とする日本基礎技術ととともに、放射性廃棄物埋設施設で外部とのバリア層となる高密度のベントナイト混合土層を、小型圧力釜式吹付機などの汎用機械によって施工する新工法を開発したと発表した。現在、検討が進められている除染廃棄物の中間貯蔵施設への適用も期待される。(写真はロボットによる吹付状況

<後略>

汎用機による新工法 ベントナイト混合土層 安藤ハザマ 中間貯蔵施設に適用も