フォントサイズ:

[第47回原産年次大会] 福島セッション 福島の声に耳を傾ける ─地域再生に向けて

2014年4月23日

福島第一原子力発電所事故から3年が経った今も、14万人の人々が避難を余儀なくされている。福島の1日も早い復興に向けて、課題を共有して議論を深め、解決に向けて取り組んでいくことが重要である。本セッションでは、チェルノブイリ事故から復興を果たしたウクライナのスラヴチチ市の例も参考にしながら、福島の人々の声に耳を傾け、地域再生のために何が必要か考えていく。

<後略>