フォントサイズ:

福一事故炉でJAEA レーザー使い内部把握 基本技術の成立性確認 分光し組成分析が可能

2014年6月27日

福島第一原子力発電所の事故炉内部の、特に溶けた燃料の状態を調べることは、廃炉の作業を進めるうえで最重要課題のひとつになっている。耐放射線ファイバスコープを使ってレーザーを利用した内部観察できる技術を日本原子力研究開発機構(JAEA)の研究グループが開発、基本的な技術の成立性を確認した。

<後略>