フォントサイズ:

凍結能力強化求める 規制委・検討会 福一の止水工事

2014年7月9日

原子力規制委員会の福島第一原子力発電所廃止措置に関する監視・評価検討会は7日、東京電力が海水配管トレンチ内の汚染水除去に向け実施する止水工事について説明を受けた。

これは、タービン建屋と海水配管トレンチの接続部を分離する方法として、凍結による止水を行うもので、地上部から凍結管とパッカー(ナイロン製の袋で止水壁となる)を挿入し、パッカー内にセメントとベントナイトの混合物を充てんし拡張させることにより、凍結の向上を図った上、凍結管内に冷媒を循環、パッカー内の間隙水を凍結させるとともに、周囲の水も凍結させ、氷の止水壁を構築するものだ。

<後略>