フォントサイズ:

「相談員制度」で意見交換 規制委 帰還への考え方踏まえ

2014年7月9日

原子力規制委員会の避難住民の帰還に関する検討チーム会合が3日開かれ、帰還の選択をする住民の放射線不安などに応えるための「相談員制度」について、行政庁や地元自治体らと意見交換を行った。11月に同委が決定した「帰還に向けた安全・安心対策に関する基本的考え方」での提言を踏まえたもの。

検討チーム会合ではまず、内閣府の原子力被災者生活支援チームが制度設計の考え方を説明し、その中で、実際、自治体レベルで行われている健康相談会、情報誌発行、保健師訪問などの事例と、これらに対する地元からの声が紹介され、「地域ごとに住民とともに住民の自発的な活動を支援することが重要」なことを示した。

<後略>