フォントサイズ:

最大32基再稼働想定 エネルギー経済研究所 15年までの需給見通し

2014年8月4日

日本エネルギー経済研究所は25日、15年度までの経済・エネルギー需給見通しを発表した。分析に用いた基準シナリオで、原子力発電については、規制基準適合性審査の進捗状況を踏まえ、14年度下半期から徐々に再稼働が進むものと想定し、稼働基数、平均稼働月数、発電量はそれぞれ、14年度末に7基、3か月、140億kWh、15年度末に19基、9か月、1240億kWhと、現在、原子力規制委員会に審査が申請されているプラントすべてが再開するものとされている。

<後略>