フォントサイズ:

二段階避難の有効性判明 福井県 4原発対象に試算結果

2014年8月4日

福井県は29日、原子力災害時における住民避難に要する時間のシミュレーション結果を発表した。

同県に立地する敦賀発電所、美浜発電所、大飯発電所、高浜発電所を対象とし、5km圏内(PAZ)と30km圏内(UPZ)で、それぞれの90%の住民が30km圏外へ避難完了するまでの時間を避難行動、自主避難率、自家用車避難率、時間帯、季節ごとに試算。その結果、最長パターンではPAZ圏で9時間10分、UPZ圏で15時間50分かかることが判明した。

<後略>