フォントサイズ:

環境省、地元自治体とともに 環境回復・復興にむけ提言 住民の不安解消などで 個人線量を重視へ

2014年8月6日

環境省は1日、個人線量を重視した放射線防護・リスクコミュニケーションや、これらを踏まえた効果的な除染を行い、環境回復・復興を加速するための支援策を構築することなどを提言した。復興庁と福島県内4市がともにとりまとめた、除染・復興の加速化に向けた取組みに関する中間報告の中で示した。

環境省と復興庁では4月以降、福島市、郡山市、相馬市、伊達市から、除染活動や空間線量率低下が必ずしも住民の不安解消に結び付いておらず、特に、除染実施区域の基準となる0.23μSv/時の意味が正しく伝わっていない等の問題提起があり、4市と勉強会を行ってきた。

<後略>