フォントサイズ:

共同研究で廃棄物減容も 原子力機構/三菱重工他 仏と次世代炉協力開始

2014年8月20日

日本原子力研究開発機構、三菱重工業、三菱FBRシステムズ(MFBR)は7日、フランス原子力・代替エネルギー庁(CEA)、AREVA NPと、同国が2025年頃の運転開始を目指し開発を進めている次世代炉ASTRID計画とナトリウム高速炉技術開発協力に関する実施取決めを締結した。安倍首相の5月訪仏時に署名された高速炉技術開発協力に関する政府間取決めに基づくもの。

<後略>