フォントサイズ:

原子力事業者と 安全性向上にむけ意見交換 規制委公開で 安全文化、改善提案など

2014年8月28日

原子力規制委員会は27日の定例会合で、原子力事業者の安全性向上に関する活動への取組に対する基本的考え方及び継続的に安全性を向上するための現行の規制制度の改善案等に関する意見を聴取するため、事業者と意見交換を行う場を設けることを決めた。第1回目は10月頃の予定で、月1回程度の頻度で継続的に開催する。臨時の委員会として公開される。

意見交換の対象は、主要原子力施設保有者(9電力事業者、日本原電、JAEA及び日本原燃)の経営責任者。(原子力部門の管理責任者の同席も可。)順序は、事業者側に委ねる考え。

<後略>