フォントサイズ:

学術会議 コミュニケーション促進を 原災後の信頼回復で提言

2014年9月19日

日本学術会議は11日、「科学と社会のよりよい関係に向けて―福島原発災害後の信頼喪失を踏まえて―」と題する報告書をとりまとめ、科学と社会のあり方の改善にむけ、科学者集団の取り組みなどを提言した。日本学術会議第一部福島原発災害後の科学と社会のあり方を問う分科会(委員長=島薗進・上智大学神学部特任教授)がまとめたもの。

<後略>