フォントサイズ:

緊急事態への対応一丸 電事連が来年度に 支援組織を本格運用

2014年9月25日

電気事業連合会の八木誠会長は、19日の定例記者会見で、「事業者による相互協力により、業界一丸となって取組の強化を進めている」とした上で、原子力防災対策の取組状況について説明した。

電事連では、15年度目途に設立予定の「原子力緊急事態支援組織」の本格運用に向け、日本原子力発電敦賀総合研修センターに前身となる「原子力緊急事態支援センター」を設置し、災害に備え、作業員の養成や資機材の整備を進めているところ。

<後略>