原産協会は機能強化をめざし、一部組織変更を行いました

2009年7月7日

 日本原子力産業協会は7月1日付けで、より機能的な組織運営を行うため一部の組織変更と人事異動を行いました。


 旧来の政策推進第一部(原子力発電、燃料サイクル等)と政策推進第二部(産業界情勢の把握・分析、基盤強化)を「政策推進部」に統合しました。


 人事では、政策推進部長に梶村順二(九州電力から出向)、同特命マネージャー原秀策(東京電力から出向)、同特命マネージャー新美明宏(政策推進第一部リーダー、中部電力から出向)、企画部長代理として鈴木良典(東京電力から出向)、国際部長に木下雅仁(政策推進第二部長)、常務理事補佐に鈴木元一(総務部マネージャー)が、それぞれ就任しました。


 新しい組織図は、こちらから。

協会からのお知らせ一覧へ戻る