フォントサイズ:

IAEAのINISデータベースのご紹介

2010年3月4日

国際原子力機関(IAEA)では、1970年から、文献情報データベースINIS(International Nuclear Information
System)を提供しており、122か国、24国際機関に利用されています。

収録文献数は317万件で、毎年11万件程度、増加しています。このうち、著作権許諾が得られた20万の非市販資料(NCL)については、全文がインターネットからダウンロードできます。

INISはこれまで有料でしたが、昨年4月から、インターネットを使ったINIS検索・利用は無料になりました。必要な際にはINISデータベースを利用されるようお勧めします。

INISは以下のURLからアクセスできます。

http://inisdb2.iaea.org/

IAEAのINISデータベースのご紹介

協会からのお知らせ一覧へ戻る