フォントサイズ:

日本原子力産業協会事務局の組織変更について

2011年9月1日

 当協会は、9月1日付けで一部組織の変更を行いました。


1.「戦略的事業計画実施本部」の設置と事業クラスターの編成
 福島発電所事故を原子力存立の危機ととらえ、平成23年度事業計画の重点実施事項全体を把握し、原子力の信頼回復に向け、それらを機能的効率的に進めるため、事務局内部門横断的組織として「戦略的事業計画実施本部」(本部長:服部拓也理事長)を設置しました。
 同本部のもと、福島県関係自治体の復興支援や地域との連携活動等を実施する「福島支援クラスター」および、福島事故後の原子力を巡る国内外動向を踏まえた意見・情報の発信や関係機関との連携活動を実施する「政策クラスター」を編成しました。


2.「企画総務部」の設置
 当協会の一般社団法人移行を踏まえ、企画経営部門の機能強化と効率的組織運営をはかるため、従来の企画部と総務部を統合し、「企画総務部」を設置しました。企画総務部長には鈴木良典 前企画部長が就任しました。



 上記体制により23年度事業実施に取り組んでまいります。


 


協会からのお知らせ一覧へ戻る