フォントサイズ:

OECD/NEAとIAEAの報告書「ウラン2014:資源と生産および需要(通称=レッド・ブック)」概要(日本語版)

2014年9月30日

経済協力開発機構・原子力機関(OECD/NEA)と国際原子力機関(IAEA)が隔年で作成している報告書「ウラン2014:資源と生産および需要(通称=レッド・ブック)」の最新版が9月10日付けで刊行されました。第25版目となる2014年版は2013年1月1日現在の世界のウラン需給状況についてとりまとめるとともに、将来見通しについても分析したものです。

当協会国際部が、エグゼクティブ・サマリーの概要(日本語版)を作成しましたので、ご覧ください。

「ウラン2014:資源、生産、需要」

「ウラン資源量と生産量」

「2035年までの世界各国・地域の原子力発電設備容量見通し」

協会からのお知らせ一覧へ戻る