フォントサイズ:

『オバマ政権の原子力政策と、関係機関からの政策提言(原産新聞12/18日号からの抜粋)』を掲載しました。

2009年3月31日

新年1月28日に発足する米民主党・オバマ新政権。12月15日には次期エネルギー省(DOE)長官に、中国系のノーベル賞物理学者S・チュー氏を指名した。オバマ次期大統領は、選挙期間中に、地球環境問題や再生可能エネルギーの重視などの立場を明らかにしているが、その原子力政策は必ずしも明確ではない。
 まもなく発足するオバマ新政権に対して、様々な団体等が政策提言を行っている。これらの中から、米原子力エネルギー協会(NEI)、米商工会議所の21世紀エネルギー研究所、DOEの原子力諮問委員会(NEAC)、?原子力発電全般、?新規原子力発電所の建設、?高レベル放射性廃棄物対策、?ユッカマウンテン計画、?核燃料サイクル――について、行っている提言を紹介する。(2008.12.26)

詳しくはこちらをご覧ください。

『オバマ政権の原子力政策と、関係機関からの政策提言(原産新聞12/18日号からの抜粋)』を掲載しました。

協会からのお知らせ一覧へ戻る