フォントサイズ:

【米国原子力政策動向】チュー・米国エネルギー長官の議会証言を会員専用ホームページに掲載しました。

2009年6月16日

 6月3日、チュー長官は、下院エネルギー水資源小委員会での2010年度予算審議公聴会で証言した際、「米国のエネルギー・ミックスの中で原子力の割合を現状の20%よりさらに増やしたい」と考えていると述べました。
 最近のチュー長官の発言を中心に、米国の原子力政策について、地球温暖化防止に係る法案を審議している議会の動向とともに紹介しています。


 今後も、米国の原子力政策を中心に、定期的に最近の動向をお届けする予定です。


会員専用ホームページはこちら。


協会からのお知らせ一覧へ戻る