「原子力報道を考える会」意見書:プルサーマルの安全性に関する誤解(第41報)

2009年7月23日

中村政雄・元読売新聞論説委員など、ジャーナリストや原子力専門家で構成する「原子力報道を考える会」は、プルサーマルについてしばしば、「制御棒の効きが悪くなる」などの、安全性を疑問視する報道が行われていることについて、「原子炉の運転出力を制御棒で調整していると誤解しているから」と解説する意見書(第41報)を発表しました(2009/7/17付)。

この全文はこちらからご覧下さい

協会からのお知らせ一覧へ戻る