フォントサイズ:

OECD/NEAとIAEAの共同報告書「ウラニウム2011:資源、生産、需要」(2012年7月刊行、通称レッドブック)から、国別のウラン資源量、生産量、原子力発電規模見通しなどのデータを日本語版の形にして編集・掲載しました。

2012年8月30日

当協会では、標記報告書「ウラニウム2011」で紹介されている、世界及び国別のウラン資源(確認資源、推定資源、未発見資源など)及び年間生産量のデータを集大成して、日本語版の形で纏めました。また同報告書でウラン需要予測の前提として用いられている世界及び国・地域別の2035年までの原子力発電規模見通しについても、日本語版にして添付しました。
ウラン資源量と生産量(レッドブック「ウラニウム2011」)
2035年までの世界各国・地域の原子力発電設備容量見通し(「ウラニウム2011」より)
 (PDF, 142KB)


協会からのお知らせ一覧へ戻る