OECD/NEA報告書 「原子炉建設コスト削減の実現に向けて:ステークホルダー向け実用ガイド」(全文仮訳)<会員限定>

2021年5月7日

OECD原子力機関(NEA)は2020年8月、「Unlocking Reductions in the Construction Costs of Nuclear: A Practical Guide for Stakeholders(原子炉建設コスト削減の実現に向けて:ステークホルダー向け実用ガイド)」を公表しました。

本報告書は、プラントレベルで生じる原子炉建設コストの削減機会を評価するもので、新規原子炉建設に関する積極的学習および継続的な産業界のパフォーマンスを促進するために必要な政策やガバナンスの枠組みについて評価されています。

当協会ではOECD/NEAの了承を得て本報告書の仮訳(JAIF翻訳版)を作成しましたので、ご活用ください。

<本報告書の構成>
序文・謝辞
目次
エグゼクティブサマリー
第1部 原子力コストの緒論と概要
第2部 原子炉建設コスト低減の推進要因
第3部 競争力の高い原子力プロジェクトを実現する政策的枠組みおよび政策提言
附属書一覧

本報告書の仮訳は、こちらからご覧いただけます。
本報告書(原本)は、こちらからご覧いただけます。

お問い合わせ先:企画部 TEL:03-6256-9316(直通)

協会からのお知らせ一覧へ戻る