フォントサイズ:

【米国の原子力政策動向】トランプ次期大統領政権のエネルギー・環境政策の見通しについて

2017年1月12日

環境政策アナリスト 前田一郎

 米国トランプ次期大統領はエネルギー・環境関係閣僚の人選をほぼ終え、エネルギー省長官にリック・ペリー氏(元テキサス州知事)、内務省長官にライアン・ジンキ下院議員(モンタナ州)、環境保護庁長官にスコット・プルイット氏(オクラホマ州司法長官)、国務省長官にレックス・ティラーソン氏(前エクソンモービル会長兼CEO)を起用することに決めた。ペリー氏はかつてエネルギー省の解散を主張しており、石油・ガス政策に焦点を置く、ジンキ氏はオバマ政権のメタン規制に反対をし、キーストーンXLパイプライン推進者、ティラーソン氏は当然トランプ次期大統領の石油・ガス政策を外交に展開することが期待されている。今回はこれらの中で特にエネルギー省に関する今後の見通しについてについて報告する。

全文はこちらをご覧ください。

お問い合わせ先:国際部 TEL:03-6256-9313(直通)

協会からのお知らせ一覧へ戻る