エネ需給小委を始動へ 30日初会合 意見箱設けて公募も(20150129)

経済産業省は30日、「長期エネルギー需給見通し小委員会」(小委員長=坂根正弘・小松相談役)を始動する。14年4月に閣議決定された「第4次エネルギー基本計画」に基づき、現実的かつバランスのとれたエネルギー需給構造の将来像について検討するため、総合資源エネルギー調査会基本政策分科会の下に置かれたもので、初回は同分科会との併催により、エネルギー基本計画の方針、その具体化に向け審議を行ってきた省エネルギー、新エネルギー、原子力の各小委員会の議論などを確認する。

また、経産省では、「長期エネルギー需給見通しに関する意見箱」を開設し、国民からの意見を募集している。寄せられた意見は、「長期エネルギー需給見通し小委員会」にも報告し、審議の参考とする。意見の提出方法については、資源エネルギー庁ホームページ(http://www.enecho.meti.go.jp/)を参照。

(原子力産業新聞1月29日付号掲載)

お問い合わせ先:企画部 TEL:03-6256-9316(直通)

エネルギー政策について一覧へ戻る