フォントサイズ:

米国の使用済燃料を巡る動向について

2015年7月14日

環境政策アナリスト 前田一郎

米国における使用済燃料を巡る動向については、オバマ政権はユッカマウンテンプロジェクトの見直しを表明した後、2010年、新しい管理のあり方に向かって独立専門委員会(ブルーリボンコミッション)が設立、その後に同コミッション勧告に基づき、2013年、上院で法制化を巡る動きがあったが、頓挫したままになっていた。このたび使用済み燃料管理を巡って新しい動きが始まりつつあるので報告をする。

全文はこちらをご覧ください。

お問い合わせ先:国際部 TEL:03-6256-9313(直通)

協会からのお知らせ一覧へ戻る