フォントサイズ:

WNE2016(世界原子力展示会)にJAIF/JICCブースを出展

2016年7月11日

 2016年6月28日(火)~30日(木)、フランス・パリにて開催されたWNE2016(World Nuclear Exhibition:世界原子力展示会)に、当協会は日本の原子力産業のサプライチェーン等を紹介するため、原子力国際協力センター(JICC)と共同でブースを出展しました。
 WNEは、仏原子力産業輸出協会(AIFEN)が主催する展示会で、2014年に第1回が開催され、今回は2回目の開催となりました。出展者数は約650社、来場者数はまだ公式発表されていませんが、第1回の7200人を上回り1万人以上となる見込みです。
 JAIF/JICCブースでは、JAIFおよびJICCの紹介に加え、日本の原子力状況、JAIFバイヤーズガイド、福島第一原子力発電所の廃炉状況や柏崎刈羽原子力発電所の安全対策等の紹介を行いました。JAIFバイヤーズガイドは、当協会会員の内掲載希望のあった64社を紹介しており、日本のサプライチェーンを構成する企業が分かるということで来場者に好評でした。
 ブース来訪者数は、3日間合計で約250名でした。主な来訪者は、仏企業や英企業を中心に、木寺駐仏日本国大使、OECD/NEA Magwood事務局長、英国原産Greatrex理事長、英エネルギー産業協議会Barnesアナリスト、中国原産チャン・ビン国際部長、トルコ原産Cetin理事長、ルーマニア原産Lucaciu事務局長等に来訪いただきました。
 WNEでは個別企業の出展以外に、14の国別パビリオン(仏、米、英、中、韓、スペイン、カナダ、ポーランド、フィンランド、アルゼンチン等)が出展しており、特に中国は大きな存在感を示していました。日本は出展者数の関係で今回はパビリオンとして出展できませんでしたが、次回は国のパビリオンを形成して日本の存在感をアピールしたいところです。

wne2016-booth-report01wne2016-booth-report02

WNEの会場

wne2016-booth-report03wne2016-booth-report04

JAIF/JICCブース

木寺駐仏日本大使来訪

木寺駐仏日本大使来訪

OECD/NEAマグウッド事務局長来訪

OECD/NEAマグウッド事務局長来訪

以上

お問い合わせ先:国際部 TEL:03-6256-9313(直通)

協会からのお知らせ一覧へ戻る