全国中学校理科教育研究会リモート開催の広島大会で放射線教材などをオンライン紹介

2021年8月20日

原産協会は7月29日(木)、コロナ禍でリモート開催となった全国中学校理科教育研究会(全中理)広島大会にて、中国地域エネルギーフォーラムと共同で「教材会社・教科書出版社・関連団体のプレゼン」にオンライン出演しました。このプログラムには、教科書・教材会社を中心とした14企業・機関が参加し、それぞれ30分のプレゼンを3回行いました。

原産協会の紹介ルームでは、中国地域エネルギーフォーラムによる放射線の飛跡を観察する霧箱実験の映像と、当協会内で収録したポリカプロラクトン(PCL)の形状記憶性実験の映像をご紹介しました。さらに、授業に役立つ放射線・エネルギー教育関連のパンフレットや、当協会が行っている先生方を対象とした初等中等教育支援活動についてご案内しました。当協会の紹介ルームには、3回のプレゼンで計11名の先生方の訪問がありました。尚、紹介した放射線パンフレットについては、事前に一覧をまとめたチラシを作成し、大会参加者へ送付しており、ご興味をお寄せいただいた先生方へ無料でお送りしております。

当協会では、初等中等教育での放射線・エネルギー教育支援に資する活動を引き続きおこなって参ります。

PCL実験キット

放射線パンフレットと簡易霧箱キット

お問い合わせ先:人材育成部 TEL:03-6256-9315(直通)

協会からのお知らせ一覧へ戻る