世界の原子力産業界からのメッセージ Voices from Nuclear Industry- Contributing to a clean and resilient recovery

2020年9月3日
一般社団法人日本原子力産業協会

 日本原子力産業協会が各国・地域の原子力産業団体と共同で作成したメッセージが、新型コロナウイルスからの復興と気候変動・環境対策に関するオンライン・プラットフォーム「Platform for Redesign 2020」に掲載されました。

 日本の環境省と国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局は、新型コロナウイルスからの復興に関連する気候変動・環境対策に関する具体的な行動や知見を共有するため、9月3日にオンラインの閣僚級会合を開催するとともに、オンライン・プラットフォーム「Platform for Redesign 2020」を立ち上げました。
 「Platform for Redesign 2020」は、各国の「新型コロナウイルスからの復興×気候変動・環境対策」に関する取組の状況などを共有する情報プラットフォームで、各国の大臣さらには国際機関、地方自治体、産業界、市民などからのビデオメッセージの提出を呼びかけています。

 日本原子力産業協会(JAIF)は、米原子力エネルギー協会(NEI)、FORATOM(欧州原子力産業協会)、英国原子力産業協会(NIA)、カナダ原子力協会(CNA)と共同で以下のメッセージを提出し、プラットフォームのウェブサイト「Messages from NON-STATE STAKEHOLDERS」に掲載されました。
 

メッセージ内容

 COVID-19パンデミックと気候変動という二つの直面する危機に対応するには持続可能で強靭な社会経済システムの構築が必要であり、それに大きく貢献する原子力の価値について、安定供給、脱炭素、エネルギー安全保障、経済復興などの観点から訴えかけました。
 

ビデオメッセージ

Voices from Nuclear Industry(英語字幕版)

Voices from Nuclear Industry(日本語字幕版)

 

提言書

Voices from Nuclear Industry提言書(英語)
Voices from Nuclear Industry提言書(日本語仮訳)
 

参加団体

 

プレスリリース

プレスリリースはこちら

お問い合わせ先:企画部 TEL:03-6256-9316(直通)