• 国内ニュース

    東京慈恵会医科大学臨床検査医学講座 講師 越智 小枝 氏

    【解説】越智先生と読み解く「子どもの放射線被ばくの影響と今後の課題」(2)子どもの放射線防護について

     本年(2017年)9月、日本学術会議より「子どもの放射線被ばくの影響と今後の課題」という報告書が公表されました。この報告書は、福島第一原子力発電所事故の後に生じた様々な議論を踏まえ、今後子どもと放射線について議論するために必要と考えられ知見をまとめたものです。  第2回は子どもの放射線防護につい...

  • 理事長メッセージ

    president

    米国ユタ大学原子炉研修に初めて若手技術者を派遣して

     当協会は、元会長 向坊隆氏の遺功を後世に託すべく、原子力分野において国際的な視野を持ち、国内外で活躍・貢献できる日本人若手リーダーの育成に資する目的で、「向坊隆記念事業基金による国際人育成事業」(以下、本事業)を2008年度より実施している。本事業では、これまでの9年間で、将来を嘱望される若手社員...

  • お知らせ

    2018世界原子力大学(WNU)・夏季研修への参加支援対象者の募集について

    当協会では元会長の向坊隆氏(第21代東京大学総長)の遺功を後世に託すべく原子力分野において国際的な視野を持ち、国内外で活躍・貢献できる若手リーダーの育成に資する目的で「向坊隆記念国際人育成事業」を2008年度より展開しております。 本事業の一環として、原子力に携わる日本の若手社員、技術者、研究者等および大学関係者の「世界原子力大学(WNU)・夏季研修(SI)」への参加支援(主に参加費助成)を実施しております。 参加支援を希望される方を募集しておりますので、詳細につきましては、こちらをご覧ください。 ...

  • 理事長メッセージ

    president

    JR常磐線の竜田~富岡間の運転再開に際して

     10月21日、2011年の東北地方太平洋沖地震および福島第一原子力発電所事故の影響により不通となっていたJR常磐線の区間のうち、竜田駅(福島県楢葉町)~富岡駅(同富岡町)間(約6.9km)の運転が再開された。津波で流された富岡駅舎は新たに造られ、駅舎に隣接した物販・飲食併設店舗「さくらステーション...

  • 理事長メッセージ

    president

    韓国および台湾の脱原子力政策~日本の産業界が取り組むべきこと

     昨日当協会が開催した日韓原子力専門家会合において、韓国の文在寅政権が6月に発表した脱原子力政策について、韓国の原子力産業界や学術界より懸念の声が聞かれた。韓国では、雇用や売り上げが失われ、原子力関連輸出が先細りするとして原子力産業界が中心となりこれに反対している。  同様に、台湾でも1月に蔡英文...

  • お知らせ

    中国の原子力発電開発 ― 第13次原子力計画での安全追求と国産化の課題

    この情報は当協会会員へのサービスの一環として、急速に変貌する中国の原子力開発をまとめたものです。(会員限定公開) 今回の「中国の原子力開発:第13次原子力計画での安全追求と国産化の課題」は全体で21頁となりました。 詳細は当協会の会員専用ホームページに掲載されておりますが、本ページにアクセス...

東日本大震災により被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げるとともに、被災地域の一日も早い復興をお祈り申し上げます。